とろとろ生きる とろもちのショートストーリー

とろもちのショートストーリー

眠気は急にやってくる。
とろとろ、うとうと。
眠いときに寝られるのは幸せだ。
今日もまた私は笑顔で眠ってしまう。

夢の中では、薄い桃色のふわふわした空間のなかを泳いでいる。
泳ぎながら、私は考えている。
『次はどんな物語を描こうか』
そんな私を、もう1人の私がみて思う。
『夢の中でまで考えるなんて、よっぽど好きね』

目が醒めると、まだ夕方にもなっていなくていつのまにか眠っしまったことにやっと気づく。
眠れる環境は幸せだ。
とろとろ、のろのろ。
寝起きの身体を起こして、ゆっくりと覚醒し始める。
さぁ、夢の続きを始めよう。


これは私自身を題材にしたショートショートストーリーです。

『ココナラ』サイトで貴方をテーマにしたショートショート創作の依頼も承っております!(500円)
カテゴリーなどご要望に応じることが可能です。
ご興味のある方はぜひどうぞ!

ココナラ:http://coconala.com/services/600476?ref=services_ad