梅雨のだるさを解消する鰻

梅雨のだるさを解消する鰻

※この記事は6月に書いたものを、転載したものです。

こんにちあ。とろもちです。日本も各地で梅雨入りが始まってきました。
今日も暑かったですね。そして雨の日も多く、なんだかいつもの毎日を過ごしているだけなのに気だるく疲れを感じます。
それは主人も同じなよう。体が痛いとか、疲れてるとか、ぼやいております。

そこで今日は、ちょっと奮発してうなぎにしました!
うなぎが滋養のものであるということは、皆様も周知の事実かと思いますが、果てさて漢方的にはどんな効果があるのでしょう。

うなぎには湿邪を取り払う機能がある

「湿邪」というのはまさに梅雨のこの時期の湿気による邪気です。
体が弱っていたりすると「湿邪」が体内に入って体調不良を引き起こすんですね。
一方うなぎには、経路にある湿邪を取り払う機能があるんです。
なんと。まさに梅雨の時期にはうってつけ!!

気を補う機能も

うなぎには気を補う機能もあります。
気が不足している状態を「気虚」といって、体のどこかしらが「気虚」の状態だと、その場所の生理機能が衰退した状態となります。
なお、梅雨は体のなかだと「脾」「胃」と関連性のある季節。
そしてうなぎは「脾」「肝」「腎」の経路に関連性が。
このちょっとしたことですぐ疲れる、といった「脾」の気虚状態にはやはりうなぎが効くようです。

つけあわせに薬味たっぷりの冷奴で身体を冷ます

つけあわせにはシソとミョウガを乗せた冷奴。

香りのよい食材は消化を助けますので、消化作用を司る「脾」の働きを助けます。
なにより、暑くて熱がこもった体には、冷たくて水分を多く含んだ冷奴は最適!身体にこもった熱を冷ましてくれます。

主人が大満足の今日のごはん

今日のごはんは主人がすごく喜んでくれました。
思った以上に身体にしみたみたいで「うなぎいいね~」と何度も。
喜んでくれると、やっぱり私もとっても嬉しい。

娘は人生初めてのうなぎ。最初の一口は、文字通り新触感だったようで「○×△?」となってこっちをみていましたが「おいし」と言ってくれました。ふふふ。

私自身もうなぎを食べたらなんだか活力が湧いてきたような。

高級食材だからなかなか食べられないけれど、この時期は取り入れたい食材でございます。

それでは今日も、ご馳走様でした。