人に頼るのが苦手な人へ

人に頼るのが苦手な人へ

人に頼るのが苦手な人は意外と多い。
かくいう私自身が、とっても苦手です。
でも、自分が出来ないことを人に頼ったら一瞬でゴールに行けることもあるんだよ。
それを今日すごく実感したのでお伝えします。

道に迷った時…

今日、図書館に行こうとして自転車でふんふーんと走ってたの。
が、家から10分くらいのはずが15分経っても着かず、隣の駅まで着いて初めて迷った事に気づいた私。
まぁそれは良いとして。
しばらくは自分でフラフラ走ってようやく自分の家までは戻れました。←ここまで40分
んで、今度もまた図書館に向かって走ったんだけどやっぱりよく分からなくなってきたので…
その辺の人に聞いた。
ら、
「今から私も行くのよ」
ということで後ろを付いて行ったら3分で着いたよ、というお話。

いや、最初から聞けよと皆さん思いました?よね?
いやいや、ほんとそうなの。
ほんとそう思った。
そして同時に思った。
「これ、全てにおいて同じ事が言えるな…」って!!

人生という長い道のりを貴方は迷わずゴール出来るか

これを人生に置き換えてみたら、すごーくしっくりくると思うの。

人生という長ーい道のり。地図もなく当てもなく、進まなくては行けない。

そうゆう中で、地図がない中で、フラフラ1人で歩き回ってるのって、超非効率!じゃない?

ゴールは一箇所じゃないとしても。

例えばゲームの中だったら明日はこの街に行きたいなとか、3年後は俺は今の職を変えたいからダーマ神殿まで行くぞとか、あるじゃん。

そしたらさ、街への行き方は、今いる街の人に情報聞きまくるのが早いよね。

あとは行くまでの間の戦闘も無駄にしたくないから、なりたい職業になるために必要なスキルも一緒にあげておきたいからやっぱりその情報を誰かにもらうとか、レアアイテムあるかを攻略wikiで確認するとか…。

もう分かる人に頼りまくりな訳ですよ。

現実世界でもさ、そこは同じなんだよ。

人に聞くのも大事であることを認識しよう

ゲームで「次の街に行けない」とか行ってて今いる街の住民に全然話聞いてなかったら
「聞けよ」って思うし
現実でも道に迷ったのなら人に聞けよって思う。
だから、人生においてももっと人に聞いて頼っていい。
むしろそうしないと辿り着くのにずっとすっとと遠回りすることもある。
だからもう、困ったら人に聞こうと思う。
そんな学びを得た、今日の迷子だったのでした。